進学塾で働くには?

進学塾の仕事

進学塾は主に中学受験合格を目標にした塾を指します。中学受験は学校の授業だけでは対応できない問題が出題される事も多く、入学試験突破を目指した高いレベルの授業が求められます。特に難関と呼ばれる学校は入学試験に独特の問題を出すところもあり、それらの傾向をふまえた柔軟な指導も必要です。進学塾の結果は受験の合格、不合格となって現れます。多くの生徒は受験の数年前から進学塾に通いますから、数年かけてゴールを目指していく事となります。中には不安定な心を抱える生徒もいますから、そういった生徒達と信頼関係を築けるだけのコミュニケーションスキルが必要です。

塾講師は学歴の制限がありません。大学を卒業していなくても塾講師にはなる事は可能です。大切なのは学歴よりも指導力で、どんなに優れた大学を卒業していても、分かるように生徒に教えられないのでは意味がありません。また学生時代に成績優秀だった過去も必要ありません。もちろん成績優秀だった事実は価値のあるものですが、優秀でなかったからこそできない生徒の気持ちを理解し、寄り添う事ができるかもしれません。進学塾に通う生徒は全員が優秀とは限りません。中には学習意欲の低い生徒もいますし、学校の授業にもついていけない生徒もいます。生徒一人ひとりの状況を把握し、ゴールを見通すスキルも塾講師には必要です。

進学塾は講師だけで成り立っているわけではありません。事務を行う事務員や塾の存在をアピールする経営企画も進学塾の中では重要な仕事です。


●〇●〇 進学塾の仕事に関する 管理人オススメサイト ●〇●〇
進学塾でアルバイトを始めてみたいと思ったら、どんな人が働いているのか気になるでしょう。先輩塾講師の体験談や、塾講師のアルバイト情報が掲載されているサイトがありますので、ご紹介します > 塾講師 アルバイト