進学塾で働くには?

補習塾との違い

塾には補習塾と進学塾に分けられる事があります。補習塾は学校の成績アップに重点を置いている塾で、学校の授業についていけない生徒を対象としている事が多いです。分からない所を分かるようにするための授業がメインで、そのための予習復習が主な授業内容となります。

一方進学塾は、希望する学校への進学に重点を置いた塾です。一般的には進学塾は小学生を対象とした、中学受験合格を目指す塾を指します(大学受験合格を目指す塾は予備校と呼ばれます)。学校の授業だけでは中学受験に合格できない事が殆どで、進学塾では高いレベルの授業が要求されます。特に難関と呼ばれる私立学校は入学試験の問題にも独特の内容が多く、それらを把握した上での学習指導が必要です。

進学塾は特に結果がシビアに求められます。その結果とは受験の合格、不合格であり、年に一度しか結果は出ません。生徒によっては受験の数年前から塾に通いますから、常にゴールを見据えた長期的な学習計画を立てる必要があります。またこの時期の生徒達は心が不安定な場合も多く、大人から見たら大した事ないと思える内容で悩む生徒も多いです。そういった生徒達と寄り添い、学習への意欲を高めさせるスキルも必要です。